30歳を超えてお腹が気になるなら「シボヘール」を取り入れよう。効果と本音口コミまとめ

ぽっこりお腹 画像

ぽっこりお腹をどうにかしたくても、なかなか脱却できない男性諸君。

スッキリするために運動や食事制限をしてるけど、なかなか体重が減らない」
「10代20代のころに比べて、明らかに体重が落ちにくくなった」

このような悩みを抱えている男も多いのではないだろうか。

痩せるために、好きな揚げ物をガマンしたり、晩酌の回数を減らしたり、ランニングするようにしたり。どんなに努力をしても結果が出ないと、途中で辞めたくなる気持ちもわかる。

しかし、心に留めといてほしいことがある。それは、30代以降は、努力の量と体型の変化が比例しないということ。30代になると基礎代謝が大きく落ちるため、20代のころと同じように過ごしていては、思うように変化を感じられないのだ。

だからこそ、普段の食事や運動にプラスαして、ボディメイクをサポートしてくれる「何か」を取り入れる必要がある。

そこで、お腹の脂肪を減らす手助けをしてくれるのが、ボディメイクサプリメント「シボヘール」だ。

現在進行形でボディメイクを頑張っている男たちはもちろん、もっとスッキリしたいけれどまだ一歩踏み出せていない男たちにもおすすめしたい。

30代になるとスッキリしにくくなる理由は?

ダイエット 男性

「20代のころは、お腹が出てきても軽い食事制限をすれば、すぐにスッキリできたのに……」
「20代のころは、運動をすればすぐに結果が出たのに……」

こう嘆いている30代の男たち。それもそのはず、30代になったら、20代のころのようにはうまく体をコントロールできない。どんなにスッキリしたいと願っていても、どんなに努力をしても、ボディメイクをするのに不利な体になっているからだ。

実際、30代を超えた男たちから、以下のような生の声が届いている。

「昔はどんなに脂っこいものを食べても大丈夫だったのに、30歳を過ぎたあたりから、お腹周りが気になるようになってきた。食べる量や運動量は変わらず、20代と同じような生活を送っていただけなのに」(33歳、会社員)

「40手前にして、半年前からボディメイクをしているけれど、全く体重やお腹周りが変わらない。ビールから焼酎にしたり、一駅分歩くようにしたりして、自分のなかでは頑張っているつもりなのに。こんな報われないボディメイクはやめてしまいたい」(39歳、会社員)

「20代のころは社会人野球部に入って運動していたけれど、30代になって昇進や子育てなど、仕事もプライベートも大忙しに。運動する余裕がなくなって、忙しい毎日に追われていたとき、ふと気づくとお腹のうえに立派な脂肪がドンと乗っていた……。少しの空き時間に腹筋をしていたけれど、何も変わらず。鏡を見るたびにショックを受ける毎日を過ごしている」(35歳、自営業)

では、なぜ10代20代と違い、30代になるとスッキリしにくくなってしまうのだろうか。

その理由は、運動をする機会が少なくなって体が鈍るうえ、基礎代謝が落ちてしまうから。基礎代謝とは、何もしなくても勝手に消費されていくエネルギーのこと。呼吸をすることや体温を維持することで消費されるエネルギーは、基礎代謝にあたる。

厚生労働省が定めた基礎代謝基準値によると、基礎代謝量がいちばん多いのが、10代。10代が終わり、20代30代40代……と年齢を重ねていくと、だんだん基礎代謝量が少なくなっていく。つまり、10代と30代が同じ食事をして同じ運動量をこなしていたとしても、10代に比べて30代はどんどん体がなまってしまう。

そこで、若いころとの年齢差を埋めるように、脂肪を燃焼するサポートをしてくれるのが「シボヘール」だ。

ボディメイクサプリ「シボヘール」とは?

ダイエットサプリ 画像

シボヘールとは、「体重」「皮下脂肪・内臓脂肪といったお腹周りの脂肪」「ウエスト周囲径(※)」を減少させるサポートをしてくれる、ボディメイクサプリメントのこと。

(※ウエスト周囲径:直立したまま息を吐き、その状態で、ヘソの高さで胴回りを測ったときの大きさ)

バランスの良い食事や適度な運動にプラスして、シボヘールを飲むことで、年齢とともに減ってしまった「脂肪を燃焼する力」「脂肪を分解する力」を補ってくれる。主に30代以降の「体重が減らない」と悩んでいる肥満気味の方たちの味方だ。

シボヘールの特徴

ダイエットサプリ 画像

お腹の脂肪を減らす手助けをしてくれるシボヘールには、どのような特徴があるのだろうか。詳しくチェックしていこう。

特徴① 機能性表示食品であること

まず、シボヘールの特徴として、機能性表示食品であることが挙げられる。

機能性表示食品とは、科学的根拠がさまざまな研究論文によって検証されていて、消費者庁に安全性や機能性が届出されている食品のこと。

つまり、安全や機能が確認できた商品なのだ。科学的根拠も研究論文で裏付けしてあるため、安心して利用できるのがうれしいポイントだ。

特徴② 「葛の花由来イソフラボン」の成分をじっくりと抽出する製法

成分の抽出にこだわっていることも、シボヘールの特徴として挙げられる。

シボヘールには、お腹の脂肪と戦う役割がある、機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」が配合されている。

「葛」とは、秋の七草のひとつにも入っている、マメ科の植物のこと。日本や中国をはじめとしたアジアに生息していて、根は昔から和漢として多くの人々に愛されてきた。

この葛から取れた「葛の花由来イソフラボン」の成分を、余すことなく抽出するために実施されているのが、「葛花熱水抽出法」という製法だ。

葛花熱水抽出法とは、高温の熱水でゆっくりと時間をかけながら抽出していく製法のこと。葛の花を使ったお茶を抽出するときと似ている方法を取り入れている。

お茶のおいしさをじっくりと抽出するように、「葛の花由来イソフラボン」の成分をじっくりと引き出しているのが、こだわりのポイントだ。

特徴③ 国内の工場で製造された高い安全性

国内の工場で製造された高い安全性も、シボヘールの特徴のひとつ。

シボヘールは、健康補助食品のGMP(※)製造所として認定を受けた、国内トップクラスの工場で製造されている。

(※GMP:「Good Manufacturing Practice(適正製造規範)」の略。医薬品を製造できるレベルの製造・品質管理基準のこと)

また、シボヘールの原料として使われているのは、日本国内で安全だと認められた食品原料だけ。シボヘールは、徹底した管理のもと、安全な食品原料だけで作られているので、高い品質が保証されているのだ。

>>公式サイトはコチラ

お腹の脂肪を減らすサポートをしてくれるシボヘール!具体的な効果

シボヘールに配合されている「葛の花由来イソフラボン」には、お腹の脂肪を減らすサポートをしてくれる働きがある。

「ホントに脂肪を減らす効果が証明されているのか……?」と思うかもしれないが、真実だ。実際に、正式なデータでも証明されている。

BMIが20〜30の肥満体型の97名に、「葛の花由来イソフラボン」配合品と非配合品のどちらかを、12週間飲用してもらったヒト試験がある。

参加者共通の条件として挙げられたのは、1日あたりの栄養摂取量は2000kcalほど、平均歩数は9000歩ほど。

グラフ 画像

※届出に使用した研究論文のうち、代表的な1報を事例として提示しています。

(画像引用:公式サイト

その結果、「葛の花由来イソフラボン」配合品を用していた人は、非配合品を用していた人と比べ、12週間後に平均してマイナス20㎠もの違いが現れたのだ。

グラフ 画像
(画像引用:公式サイト

加えて、内臓脂肪は非配合品の人と比べてマイナス8㎠、皮下脂肪は非配合品の人と比べてマイナス13㎠だった。

では、「葛の花由来イソフラボン」は、どのようにお腹の脂肪を減らすサポートをしてくれるのだろうか。シボヘールに配合されている「葛の花由来イソフラボン」の詳しい効果について解説していこう。

効果① 脂肪の合成を抑制するサポートをしてくれる

「葛の花由来イソフラボン」の効果のひとつ目は、脂肪の合成を抑制するサポートをしてくれること。

通常、燃焼されずに体内に取り残されたエネルギーは、肝臓のなかで、中性脂肪へと合成されていく。合成された中性脂肪は、お腹や太ももなど、体のさまざまな部位で体脂肪として蓄積されてしまう。

しかし、「葛の花由来イソフラボン」が体のなかにいることで、中性脂肪への合成を阻害してくれる。つまり、脂肪が作られるのを防いでくれるのだ。

効果② 脂肪を分解するのをサポートしてくれる

ダイエット 画像

「葛の花由来イソフラボン」の効果のふたつ目は、脂肪を分解するのをサポートしてくれること。

体のなかに溜まってしまった体脂肪は、そのままの状態ではエネルギーとして燃やせない。脂肪を燃焼させるため、脂質を作っている成分「脂肪酸」に分解する必要がある。

「葛の花由来イソフラボン」は、体脂肪から脂肪酸に分解するサポートをしてくれる。つまり、お腹の脂肪が燃えやすい環境作りをしてくれているのだ。

効果③ 脂肪の燃焼をサポートしてくれる

「葛の花由来イソフラボン」の効果の3つ目は、脂肪の燃焼をサポートしてくれること。

エネルギーとして燃焼するために、体内で脂肪酸へと分解された体脂肪は、いよいよ燃やされ始める。この燃焼には、筋肉に近い動きをしてくれる「褐色脂肪細胞」が欠かせない。褐色脂肪細胞が働くことで、白色脂肪細胞が燃やされ、消費カロリーが増えていく。

「葛の花由来イソフラボン」は、そんな褐色脂肪細胞の働きをサポートしてくれる。つまり、お腹の脂肪を燃やしてより消費カロリーをアップさせてくれているのだ。

>>公式サイトはコチラ

シボヘールは効果なし⁈実感できないってホント?

脂肪が作られるのを防ぎ、脂肪が燃焼しやすい環境を作り、脂肪燃焼のサポートをしてくれる「葛の花由来イソフラボン」。そんな「葛の花由来イソフラボン」が配合されたシボヘールは、効果がないというウワサもある。

ここまで特徴や効果を紹介してきたシボヘールだが、スッキリできないというウワサは真実なのだろうか。

答えは「継続して飲み続けることで、効果が現れやすい」だ。

注意しておかなければならないのは、「飲むだけ」で「すぐ」に実感できるわけではないこと。あくまでも、通常のボディメイクに加えてシボヘールを飲むことで、徐々にお腹の脂肪を減らしやすくなるのだ。

もし仮に飲むだけで健康的にすぐ痩せるようなサプリメントがあったら、今ごろ大きな話題を呼んでいるし、太っている人は地球に存在しないかもしれない。

シボヘールを飲んで「お腹周りの脂肪が減った」と効果を実感するためには、「継続的」に「運動や食事制限」と併用する必要があるのだ。

また、一人ひとり体質が違うため、「シボヘールとの相性が良い」「あまりシボヘールが実感できない」というように、効果が異なってくる。シボヘールを飲み始めてからスルッと変わる人もいるし、飲み続けても少しだけしか結果が出ない人もいる。運動や食事制限の努力量によっても変わってくるだろう。

自分にどのくらいの効果が出るのかは、実際に試してみないとわからない。「30代になって肥満気味になった」「どんなに運動や食事制限をしても効果があまりない」と悩んでいるだけでは始まらないため、シボヘールを飲んで、まず一歩前に進んでみてほしい。

「シボヘールを飲んでも効果がなかった」と言っている人の原因として考えられること。それは、すぐに効果があると思い込んで短期間しか飲まなかったか、運動や食事制限を怠っていたか、サプリメントとの相性が良くなかったか、だと予測できる。

シボヘールを飲むと太る?

「シボヘールを飲んだら、痩せるどころか太った」という悪い口コミもあった。しかし、シボヘールに含まれている「葛の花由来イソフラボン」の脂肪減少効果は、研究によって証明されている。そのため、単に「シボヘールを飲んだせいで太ってしまった」というのは考えにくい。

考えられるのは、「シボヘールを飲んでいるから、少しくらい多めに食べても大丈夫でしょ」といった気の緩み。シボヘールに頼りきりで、摂取カロリーを増やしたり、運動量を減らしたりした可能性が高いといえるだろう。

シボヘールは、飲むだけで痩せる商品ではない。運動と食事制限を併用して、効果が出るボディメイクサプリメントだ。「シボヘールを飲んでいる」という安心感に浸かり過ぎないよう、注意してもらいたい。

効果はいつから出始める?

ランニング 男性 画像

「1日2日飲んだだけで脂肪は簡単に減らない」と伝えたように、シボヘールは継続して飲み続けることが重要だ。では、どのくらいの期間飲み続けたら、効果が出始めるのだろうか。

答えは「個人差がある」だ。先述した通り、短期間でスルッと脂肪が減る人もいれば、長期間飲んでジワジワと効果が出る人もいる。

ただ、実際にシボヘールを飲んでボディメイクしている人の感想を見てみると、3カ月程度で手応えを感じている人が多い。早いと、1カ月目で体重が落ちた、なんて人も。

短期間で一気にボディメイクを頑張りすぎてしまうと、リバウンドする可能性が高くなる。そのため、3〜4カ月を目安にして、気長に続けていくのがおすすめだ。

>>公式サイトはコチラ

シボヘールの飲むタイミング・飲み方

ボディメイクサプリメントを飲むときに気になるのが、「いつ飲むのか」「どのように飲むのか」。飲むタイミングや飲み方を変えることで、効果が変わってくるボディメイクサプリメントもある。

そこで、シボヘールの飲むタイミングや飲み方について解説していこう。

シボヘールはいつ飲むの?ベストなタイミングは?

シボヘールを飲むのにベストなタイミングについて、公式サイトには、特に決まりはないと明記されている。ただ、起床したあとや食事をする前など、習慣にしやすいタイミングで飲むのをおすすめするとのこと。

個人的なおすすめは、朝起きてからすぐに、白湯と一緒に飲むこと。なぜなら、朝は胃が空っぽになっているため、成分を吸収しやすいから。シボヘールに含まれている「葛の花由来イソフラボン」を、効果的に体のなかに届けられるのだ。

また、朝に飲む白湯は、体を温めてくれたり腸の働きを促進させてくれたり、さまざまな効果がある。

体が冷えていると、血液の流れが悪くなり、脂肪を蓄積しやすくなってしまう。便が腸のなかに溜まっていると、代謝が悪くなり、太りやすい体を作ってしまう。そのため、白湯は、冷え性や便秘体質の人にもうれしい効果があるのだ。

朝起きてすぐの白湯とシボヘール、習慣にしてみてはいかがだろうか。

シボヘールの飲み方は?効果的な方法は?

筋肉 男性 画像

1回の量は、まとめて4粒。公式サイトによると、4粒一気に飲むことで機能性を確認しているとのこと。

4粒をぬるま湯か水で、噛まずに飲み込む。シボヘールの効果を最大限に引き出すためにも、まとめて飲むことをおすすめする。ただ、飲み込むのに苦労する場合は、1粒ずつ順番に流し込んでも問題ない。

1日のシボヘールの量は、4粒。5粒以上飲んだとしても、体に副作用が現れるわけではないが、効果が大きくなるわけでもない。それなら、摂取量をきちんと守って、1袋を長持ちさせた方が経済的だろう。

もし、薬を摂取している場合や通院している場合は、“万が一”を防ぐためにも、シボヘールを飲む前にかかりつけの医師への相談が必要だ。シボヘールは健康食品のため、別の健康食品やサプリメントと併用して飲むのであれば、問題ない。

【本音】シボヘールで実感できた?本当の口コミご紹介

口元 男性 画像

商品の購入を迷っているとき、決断の手助けをしてくれるのが、口コミだ。口コミをチェックすることで、その商品のメリットもデメリットも把握できる。

ネットでシボヘールの口コミを検索してみると、日本最大のコスメ・美容サイト「アットコスメ」や個人ブログなどから、さまざまな意見が出てきた。「実感できた」という口コミから、「あまり効果が感じられなかった」という口コミまで。

本当のところ、シボヘールの評判はどうなのだろうか?そこで、ネット検索で出てきた良い口コミと悪い口コミの両方を、抽出してまとめながら紹介していく。購入しようか迷っているなら、ぜひ参考にしてもらいたい。

良い口コミ

まずは、良い口コミから。

「半年間で6kg太ったので、『これはやばい』と思ってボディメイク開始。……したのは良いものの、ランニングしても結果が出ないし、バランスのとれた食事にしてもダメだし、だんだんとやる気が失われていきました。

そこで、シボヘールを飲んでみることに。これまでやっていたランニング30分と軽い食事制限に加えて、シボヘールを飲んでいたら、2カ月で力を実感できました。お腹周りもスッキリし、表情も明るくなった気がします。

シボヘールをボディメイクにプラスしただけで、スッキリできるなんて。とりあえず、あともう少し目標に近付けるまで、引き続き頑張ろうと思います」(28歳、男性)

「スッキリしたいとは思いつつも、なかなかボディメイクができなかった私。運動オンチで体を動かしたくないし(というかどうやって運動すれば良いかわからない)、激しい食事制限はストレスが溜まるから避けたいし。

『どうしようかな』と悩んでいたら、ネットでシボヘールを発見。そこで、シボヘールを飲みながら、駅までの15分を歩き、野菜をたくさん摂取することにしました。ストレスもなく続けること約3カ月半、確実に痩せていくのが面白くて、これからも続けられそうです」(35歳、男性)

シボヘールを飲んでボディメイクに成功した口コミを見ると、運動や食事制限と併用している人が大多数だった。シボヘールは、あくまでもボディメイクのサポート的な役割。運動や食事制限と組み合わせることによって、真のパワーが発揮される。

悪い口コミ

次に、悪い口コミをピックアップ。

「飲むとお腹の脂肪が燃焼されるって広告を見て買ったけど、1カ月飲み続けても効果なし。本当に実感できるのか不安なところです。やっぱり運動とか食事制限とかもした方がいいのかなと悩んでいます」(34歳、男性)

「食事はいつもと変えずに、駅まで10分間自転車を漕ぐ運動を取り入れて、シボヘールボディメイクを開始。とりあえず半年間続けてみましたが、あまり効果は見られませんでした。

仕事の付き合いが多いから、居酒屋中心の食生活は変えられない。かといって、運動する時間もあまり取れなくて、自転車を漕ぐだけで精一杯。シボヘールが頼みの綱だったのに……。これからどんなチャレンジをしようか、考え中です」(46歳、男性)

シボヘールを飲んでも実感できなかった口コミを見てみると、あまり運動や食事制限をしていないことがわかる。

なかには、運動や食事制限に力を入れなくても、シボヘールで結果が得られる人もいる。しかし、多くの人はそう簡単にはいかない。本気で変わりたいなら、運動や食事制限などとシボヘールを併用する必要があるのだ。

>>公式サイトはコチラ

シボヘールの値段は?定期購入はいつ解約できる?

運動 男性 画像

シボヘールの購入は、単品購入と定期購入の2種類からチョイスできる。

単品購入ならば、3200円(税別)。定期購入ならば、通常価格から12.5%割り引いた2800円(税別)で購入可能だ。1日で計算すると、たったの87円(定期購入の値段の場合)。

定期購入は、「1カ月に1回」「2カ月に1回」「1回の配達で2袋」など、配達間隔と数量を好きなようにカスタマイズできる。定期購入の内容を変更したい場合や、解約をしたい場合は、電話するだけ。

シボヘールは、継続的に飲み続けることで、効果を実感しやすくなる商品だ。そのため、お得に手に入れられる定期購入をおすすめする。

シボヘールは市販?薬局に売ってるの?

薬局 画像

薬局のボディメイクコーナーには、ボディメイクサプリメントが並んでいる。では、シボヘールはどこで販売しているのだろうか。

シボヘールは、薬局などの実店舗には置いておらず、販売はネットのみ。公式サイトから購入できるため、チェックしてみてはいかがだろうか。

>>公式サイトはコチラ

30代になって目立ってきた、お腹のたるんだ脂肪。10代20代のように、スルッと体重が落ちてくれないのが現実だ。「若いころの体に戻りたい」と本気で思っているなら、シボヘールに救いを求めてみてはいかがだろうか。