ボディセンスは口コミしたくない香水?ライバルが増える前に先手必勝

ボディセンス
ボディセンスバナー

ボディセンス:香水でモテるなんてある?

美女
モテたいって思うのは、男としては自然なこと。

だからこそ、体形維持に注意したり、身だしなみを整えたり、男でも美容にお金をかけているわけだ。

そんな男たちにとって、にわかには信じがたい話がある。

「ボディセンスを使えばモテモテになる」。

こういった類の話はとても胡散臭い感じがするだろう。

モテるために香水を使っている人もいるだろうが、香水をボディセンスにするだけで女性のウケが良くなるなんて、本当にそんなことがあるのだろうか。

今回紹介する記事では人気で話題のブースター香水『ボディセンス』とは果たしてどんな香水なのか、いろんな口コミを探ってみることにする。

こんな悩みで苦しむのはもうさよならしよう

☑年齢=彼女がいない歴
☑そもそも、女のコとの出会いというものがない
☑女性から話しかけられることはほぼない
☑加齢臭のにおいが気になる年頃になってきた
☑モテたいけどどうしたらいいのかわからない
☑気になる女性のハートを射止めたい

男ならば多くの人が抱いている感情なので、恥ずかしがることなんてないが、苦しい思いというのは確かだ。

そもそも、そうした悩みと無縁なモテモテ男なんてそんなに多くないわけで、多くの男は恥ずかしいと思いながらもこうした悩みで悶々としているわけだ。

今すぐにでも彼女ができそうなイケメンが、年齢=彼女がいない歴なんていうのも、それほど珍しいわけでもない。

「出会いの場がないなら作ればいい」とばかりに、お見合いパーティーなどに参加する積極的な男たちもいるだろう。

もしかすると運命の出会いがあるかもしれないという、淡い思いを抱いて、だ。

ただ、そうした思いが予想通りに成就してくれることは、必ずしも多くないのが現状。

「パーティーに参加はしたけれど、お金の無駄だった」と落胆しながら、パーティー会場を後にする者も多いだろう。

こんな苦しみから簡単に解放される方法があるのなら、ぜひともすぐに実行に移したいところだ。

そんな方法のひとつとなる可能性を秘めているのが、固形タイプの男性用練り香水「ソシアボディセンス」なのだ。

ボディセンスはなぜ女性から選ばれる?根拠は?

女性から選ばれる
公式サイトの説明によると、ボディセンスの匂いを「いい匂い」「魅力的」だと感じている女性は、全体の93%もいるという。

ボディセンスはいわゆる男性用香水のような強い匂いが出ているというわけでもなく、どちらかというと匂いを抑え気味にしている香水なのだが、匂いの強い弱いとは関係なく女性は「魅力的」だと感じてくれていることになる。

男性用香水といえば、必要以上に強い匂いを出している同僚らに心当たりはないだろうか。

彼らなりのモテるための努力なのだろうが、結果が出ているかというとなんとも言えないところ。

どちらかというと「匂いが強すぎてむしろ臭い」と思われて、何か逆効果になっているんじゃないかと心配になってしまう。

そういう同僚たちから見ると、ボディセンスの匂いぐらいで大丈夫なのだろうかと思えるのかもしれないだろうが、どうやら女性から見るとそのぐらいの匂いで十分だと言えそうだ。

では
なぜこのようなことが起きるのか?

鍵を握っているのは「アンドロスタジエノン」という物質だ。

この物質は、男性の性的な魅力をアピールする「性フェロモン」のような物質だといわれており、汗や皮膚、血液、唾液などに含まれている。

体臭に度が過ぎればもちろん嫌がられるが、汗臭い男性に女性がどことなく魅力を感じるのは、このアンドロスタジエノンの働きによるものだという学説があるのだ。

ボディセンスに含まれているのは、実はこのアンドロスタジエノンではない。

アンドロスタジエノンの効果を高めることを狙い、コレウスホリスコリ根エキスや茶葉エキス、プロパンジオールなどが配合されているのだ。

これらの成分を公式サイトでは「アンドロスタジエノンと相乗効果が期待できるセンスフィール」だと説明している。

アンドロスタジエノンそのものを増やそうというような安直な手段は取らず、フェロモン系香水とは一線を画した商品を作るんだという強い意志を感じる。

センスフィールの働きによって、男性の魅力に関係しているとされるアンドロスタジエノンの効果を高められれば、魅了された女性から注目を集める存在になれるというのが、ボディセンスの狙い。

狙い通りにいけば、長い間いなかった彼女ができるきっかけは作れそうだ。

ボディセンスの使い方はカンタン

ボディセンスがいかに魅力的な商品かは分かってもらえたと思うが、いくらモテモテになれる可能性があるといっても、使い方がややこしいとメリットは半減だ。

人生長いとはいえ、毎日出勤前の時間は貴重なので、必要以上に時間を取られたくないからだ。

ボディセンスはその点については問題なさそうで、手早い人ならば5分もかからずに準備OKという感じになるのもメリットだろう。

付け加えると、手首に塗る程度ならば凄くカンタン。

以前紹介したメンズクレアランといういちご鼻対策のパックのように、念入りに洗い流すなどの手間とは無縁だ。

ボディセンスは練り香水といって、ゲル状になっている。

そのゲルを軽く指先ですくって自身の肌につけるだけだから簡単だ。

まず、容器に入っているボディセンスを指で軽くなぞる。

次に手首の内側に塗り込むのだ。血管のあたりに塗り込むといいと、公式サイトでは説明している。

また、手首だけではなく、首筋や耳の後ろなどに塗っても効果は期待できる。

こうして書いてみると、ボディセンスを塗るのにほとんど時間が必要ないことが分かる。

長くても2~3分で終わりそうな感じで、手間をかけずにモテ効果を満喫できる可能性がありそうだ。

仕事の業務開始が早くて早朝に家を出なければならないような人にとって、使用に手間がかからないというのはうれしいところ。

飽きっぽい人にとっても、手間がかからないのは続けやすいというメリットにつながるだろう。

ボディセンスの口コミをみてみよう

ボディセンス口コミ
「実際にボディセンスを使った人の声を聞かないと、本当にモテモテ効果が期待できるか分からない」。

そう思う人がいても、全く不思議はないだろう。

いくら効果がある、効果があると強調しても、ユーザーの声の説得力には及ばないものなのだ。

では、実際にボディセンスのユーザーはどのように評価しているのだろうか。

公式サイトとアットコスメに掲載されている口コミのうち、主なものをピックアップしてチェックしてみた。

公式サイトの口コミをみてみる

まず、公式サイトの口コミレビューから見ていこう。

公式サイトの口コミは基本的に、商品にとって有利な内容となっているものだが、ちょっとした語句から商品の特性をつかむことも可能なのだ。

「(ボディセンスを使うと)近くにいる女性がこちらを振り向くことが増え、女性から話しかけられるようになって勇気がわいてきた」(20代男性)。

ボディセンスも効果があったかもしれないが、それ以上に重要なのが心理的効果だろう。

周囲が変わったような反応が見えることで自信が持て、積極的に女性にかかわっていくようになったことが、この口コミからは見えてくるのだ。

「(ボディセンスを)使い続けているうちに、嫌味でも言われているんだろうかと感じていた視線も気にならなくなり、少しずつ自分の周りがうまく回りだしたような気がして自信が持てた」(別の20代男性)

これについても、基本的に上と同じだ。

ボディセンスを使うことが、自信を持って女性とかかわるきっかけとなっているわけだ。

後述するが、モテるためにはメンタル面も重要なのだ。

そのメンタル面を克服するための重要なツールとなりうるのが、ボディセンスということになるだろう。

自分を変えることができる香水と言ったら、言い過ぎだろうか。

アットコスメでは女性の口コミも

ボディセンスは男性向け商品だから、口コミも基本的に男性のものだ。

ただ、コスメ系口コミサイトの最大手であるアットコスメには、女性からの口コミも掲載されているのだ。

「私はこれを旦那がつけているとくっつきたくなる香りかも」(20代女性)
「実際に夫につけてもらったが、香りで魅力的に感じるから不思議」(別の20代女性)

このあたりが、女性の代表的な口コミといえる。

いずれも妻帯者で、パートナーに対しては特別な感情を持っているだろうから、多少は割り引いて考える必要がある口コミだ。

ただ、ボディセンスの狙いは成功しているようで、さすがは女性の93%を鷲掴みにする商品だけのことはあるようだ。

「優しいムスクの香りが、魅力的な男性にグッと近づけてくれること間違いありませんね」(別の20代女性)。

この方、実は2児の母なのだ。

ママも虜にするボディセンスのブースター効果といったところだろうか。
女性にとっていかに魅力的な匂いなのかが分かる。

ボディセンス開発陣の狙いは、ある程度当たっていると考えていいのではないだろうか。

ボディセンスを購入するならどこがいい?

ボディセンスを取り扱っているのは、公式サイトだけではない。

大手通販サイトでも、ボディセンスを購入することは可能だ。

ただ、通販専用商品なので、ドラッグストアをはじめとする一般的な小売店では入手することはできない。

では、どこで購入したら、ボディセンスを安価かつ安心して入手することができるのだろうか。

ボディセンスの入手先について、メリットやデメリットなどをまとめてみよう。

楽天やAmazonでも購入できる?

まず、ショッピングモールサイトの最大手・楽天市場を見てみる。

トップページから「ボディセンス」と商品名そのもので検索をかけてみたが、ヒットしたのはシャネルの商品と、香水とは全く関係のない書籍のみだった。

残念ながら、ボディセンスは楽天での取り扱いはないとみていいだろう。

では、Amazonの場合はどうだろうか。

こちらもトップページから検索をかけてみたところ、1件がヒットした。

Amazonは公式以外にもさまざまな業者が出店する「マーケットプレイス」なるものがあり、業者によっては「偽物を掴まされた」などと問題になっていることがある。

ボディセンスを取り扱っている業者名を見ると「ソシアオンラインストア」。

要するに、公式販売会社であるソシアがマーケットプレイスに出店しているというわけで、偽物や粗悪品が送られてくることは心配しなくていいだろう。

問題は価格

Amazonでは6,700円+648円で7,348円
公式サイトの場合は7,800円+600円+消費税で9,072円。

なんと
単品で買うとAmazonの方が安いという事実。

ソシアは公式サイトよりもAmazonの方が売れると思っているのかもしれん。

もしくは
Amazonでお試し購入からの公式サイトでの定期コースに促したいのかもしれない。

だが、後述するように、公式サイトにはさらにお得な定期購入コースが設定されているのだ。

1回だけ購入するというのならともかく、定期的に買うならばAmazonという選択肢もあまり魅力的ではない。

購入可能=オススメというわけにはいかないようだ。

公式サイトはまとめ買い&定期購入でお得な価格に

定価ではAmazonよりお得とは言えない公式サイトだが、上述のようにお得な定期コースが用意されている。

税・送料込みの価格は
1個コースは1,600円割引の6,200円(税込7,344円)
2個コースは6,000円割引の9,600円(税込10,201円)
3個コースは10,500円割引の12,900円(税込13,501円)
こんな感じになっている。

3個まとめ買いならば1個あたり4,500円だから、定価の半額で購入できることになる。

「定期コースって、何回以上買わなければならないとか、そういう縛りがあるものじゃないの?」。

そういう疑問を抱く人もいるだろう。

ボディセンスの定期コースには、そうした縛りは設定されていない。

極端なことを書くと、1回だけの購入で定期コースを解約することも可能なのだ。

つまり、公式サイトでのボディセンスの実質価格は7,344円で、Amazonよりもわずかに安いことになる。

また「まとめ買いっていっても、香水を1ヶ月に3つも使うことなんてあるのだろうか」という疑問もあるだろう。

だが、ボディセンスの定期コースは、1回の購入だけでも解約OKなのだ。

まず、まとめ買いコースに申し込んで、商品到着後にすぐ解約し、2ヶ月もしくは3ヶ月後に再び定期コースに申し込めば、1ヶ月当たり1個にすることも可能だ。

この方法を利用すると、1個当たりの実質価格は4,500円程度になるので、かなりお得ではなかろうか。

Amazonなどと比較すると、公式サイトではボディセンスがここまでリーズナブルに購入できるのだ。

ボディセンスを安く入手したいならば、利用しない手はないだろう。

多くのユーザーはいきなりまとめ買いはしないが、香水選びで悩んでいる男や日頃からニオイケアをしている男にはまとめ買いという選択肢もおすすめだと思う。

ボディセンスは買いなのか?やめとくべきか?

ここまで読んできて、まだボディセンスを買うべきかどうか悩んでいる人もいるだろう。

では、なぜ自分がモテないのか考えたことはあるだろうか。

さまざまな理由はあるが、そのうちのひとつは「存在感がないこと」だ。

モテるためにはまず存在感を女性にアピールする必要がある。

女性の印象に残るボディセンスの匂いは、存在感を出すための重要なきっかけとなる可能性を秘めているのだ。

モテない人はそもそも存在感がない

モテないという自覚がある人の共通点のひとつは「存在感がないこと」だ。

「あんなブサイクがなんでモテるんだ。顔だけならば自分の方がマシだろ」という思いを抱いている人もいるだろうが、それはイケメンでなくても存在感が出せることの証明にすぎない。

自信が持てず、女性から悪口を言われるのが怖いから目立たないようにしている。

女性の視線が怖いから、飲み会の会場ではできるだけ隅っこにいるようにしている。

モテない人には、心当たりのある行動なのではないだろうか。

こんな行動を取っていては、存在感なんて出せるわけがない。

周りに馬鹿にされるのが嫌だから、できるだけ言葉を発しないようにしているというのも、モテない人にありがちな行動だ。

確かに馬鹿にされるようなことは減るだろうが、存在感が出るかどうかについては否定的な見方を取らざるを得ない。

極端なことを書くと、存在感がないというのは「そこにいないのと同じ」ということだ。

蓼食う虫も好き好きという言葉があるように、イケメンが好きという人もいれば、イケメンからかけ離れたタイプが好きという人もいるだろう。

ただ、存在感がなければ、そもそもそこに存在していることにすら女性に気づいてもらえない。

モテる以前に存在感がなければ、女性の視界に入ることもない。

ましてや、異性として意識させるなんてもってのほかだ。

これではモテる、モテない以前の話だとしか言いようがない。

良い形であろうが悪い形であろうが、存在感を発揮している人の方が、存在感がない人よりモテる可能性は高いのだ。

『嗅覚』は記憶に残りやすい?まずは相手の記憶に残る人になろう

とはいえ、存在感を出すためには何らかのきっかけが欲しいところだろう。

口コミからも分かるように、ボディセンスの匂いがそのきっかけを作ってくれるツールとなる可能性があるのだ。

嗅覚をトリガーとして記憶がよみがえったという経験を持っている人は、意外と多いのではないだろうか。

記憶を司っているのは脳内の「海馬」と呼ばれる器官なのだが、人間の五感を司る神経のうち、嗅覚のみはダイレクトに海馬につながっているのだ。

他の4つは、大脳新皮質を通じて海馬に情報が伝わる形になっている。嗅覚が記憶に残りやすいとされているのは、このメカニズムの違いのためだ。

先に挙げた口コミからも分かるように、ボディセンスは女性にとっては「いい匂い」なのだ。

だからこそ、普段は振り向いてくれない女性が、何らかの興味を持つきっかけになり得るのだ。

こんな便利で魅力的な商品を口コミで他人に知られるなんて、もったいなくて教えたくないぐらいだ。

実はここからが本当の勝負で、今までと同じように目立たないようにしようと思っていては、思うような結果は出せないだろう。

「いい匂いのする人」でまず記憶に残り、そこからさらに自分をアピールし、良い形だろうが悪い形だろうが、とにかく記憶に残る人間になってみよう。

次にあなたのことを思い出すときに、まずボディセンスをまとったあなたのニオイを思い出すことだろう。

それさえできれば、好印象が残せたも同然だ。

どっちに転んでも、存在感がないよりはマシなのだ。そうすることで、ボディセンスの匂いも生きてくるだろう。

自分自身の存在感を高めるためのボディセンスは『買い』

モテないのは自分が男として劣っているからではない。

存在感を出せないことで、本来持っている魅力を発信できないでいることが原因なのだ。

今までの自分を変えたい、本気でモテるようになりたいという人にとって、存在感を出すためのきっかけを作ってくれるボディセンスは「買い」だと断言できる。

気になる価格の方だが、1個9,000円台なら確かに高いだろう。

だが、公式サイトで申し込める定期コースを上手に利用すれば、半額の4,500円程度で入手できるのだ。

これならば、モテるための勉強代としては決して高くないだろう。

女の子との初めてのデートの前にたった9,000円の出費で2回目のデートまでこぎつけるとしたら、間違いなくコスパの高いアイテムだといえる。

ボディセンスで相手を振り向かせることができたら、あとは自分のセンスを発揮し、どのような形でもいいから存在感を出してみよう。

もちろん
香りだけじゃなく中身も大切だけどな(笑)

「モテないメンズ」からの脱出は、意外と近いかもしれない。

ボディセンスバナー

モテない理由が他にもある?これらも合わせて読まれてるぞ

10歳以上老けてみられる白髪をサポートするアイテムはコレ
薄毛・抜け毛を食い止めたい!手遅れにならない対策